ヘルペスの症状・ヘルペスの種類

厄介なヘルペスの症状にはどのような症状があるのでしょうか

2017.09.06

厄介なヘルペスの症状にはどのような症状があるのでしょうか はコメントを受け付けていません。

ヘルペスの主な症状はどんな症状が現れるのでしょうか。場所によっても違いはあるかもしれませんが、主には赤くなりその後水ぶくれができて、かゆみや痛みを生じるといったものがヘルペスの症状と言われているものです。

 

ヘルペスの症状は段階的

ヘルペスの症状、それはとても段階的です。最初は赤くなり、その後その赤くなった部分の上に水膨れができてくるのです。患部を触ってみると軽く火照っていて痛みを生じることもあります。

通常は水ぶくれ、かさぶたなどができて10日から14日もすれば治ると言われています。ヘルペスが原因で外にできるのではなくて、口の中に口内炎が出来てしまう人もいるのが特徴です。

 

皮膚の症状は14日程度

皮膚の症状、それはだいたい2週間程度で治療可能と言われています。はじめてヘルペスにかかったのか、それとも再発したのか、それによっても違いがあるのですが、体調によっては、治りが悪いこともあるかもしれませんが、通常はそれほど時間はかかりません。

発熱を伴ったり重症化した場合には少し時間が掛かる可能性はありますが、それでも1ヶ月近く治らないということはないでしょう。

 

段階を経て治っていく

段階ですが最初の段階はピリピリとした感覚チクチクとした感覚から始まります。その後赤く腫れて水膨れができてしまって、その後回復の兆しとしてはかさぶたができることが特徴です。回復の兆しが見えてくれば安心ではありますが、そのまま放置しているとさらに悪化する可能性がありますので、早めに適切な治療は受けましょう。

段階を経て治っていきますが、違和感があったらすぐにでも治療を開始したほうが早く治るでしょう。遅ければ遅いほど悪化します。

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

アーカイブ